海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 旅の準備と手続き > STEP1 旅の準備 > 変圧器の選び方

STEP1旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。STEP1では、 パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。



荷物の準備


6.変圧器の選び方

海外で電気製品を使うには

外国に滞在中、日本の電気製品を使用する際に必要なのが変圧器。ドライヤーやヒゲソリ、デジカメや携帯電話の充電など、変圧器を使用すれば、海外でも使える。だだし、ヘアードライヤーなど一部に「海外使用対応製品」も販売されている。使用可能電圧がAC100〜240AVの製品は海外でも変圧器を通さずに使用できる。

変圧器の選び方

日本の電気製品を海外で使うためには、変圧器と電源プラグ変換アダプターが必要。変圧のタイプは、電圧110V-130Vのエリア(アメリカ・カナダ・ブラジル・台湾など)と電圧220V-240Vのエリア(ヨーロッパの大部分・インド・タイ・韓国・香港・オーストラリアなど)の大きく分けて2種類がある。日本の電圧は100Vだから、日本の電気製品を220V-240Vのエリアで使う場合には、必ず変圧器が必要になる。変圧器を使わずに日本の電気製品を使用すると、故障や火災、爆発等の危険性がある。電気製品によって消費電力も異なるため、容量の小さい変圧器だと使える製品が限定される。どんな電気製品に使用するのかを十分考慮したうえで状況に合った変圧器を選ぶようにしたい。

電気プラグ変換アダプターの選び方

最近では変圧機能を搭載したアダプターを使用しているデジタルカメラやノートパソコンもあるが、変圧機能が搭載されていても、電源プラグ変換アダプターは必要になる(Aタイプの国を除く)。電源プラグ変換アダプターは種類が多く、1タイプだけのプラグに対応したものと、複数のタイプに対応したマルチプラグがある。1タイプ対応のものは、軽くコンパクトで価格も安い。一方、マルチプラグは価格が高く、少々大きめなだが、ヨーロッパ周遊旅行など、複数の国を旅する場合や中国のようにひとつの国でも複数のプラグタイプが存在する国への旅行、もしくは、今後、いろいろな国を訪れる予定のある人にはおすすめ。

旅する国の状況を調べよう

ガイドブックやインターネットで、旅先となる国の電圧とプラグの状況をチェックし、現状に合った変圧器と電気プラグ変換アダプターを購入するようにしたい。


旅の準備と手続き STEP1~STEP8



ヨーロッパ 航空券情報



ヨーロッパ ツアー最安値


2018/11/15更新

損保ジャパン日本興亜が提供するoff!は、インターネットから手軽に申し込めます。