海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 旅の準備と手続き > STEP5 現地滞在を楽しむ > 海外のレストランでの服装

STEP5現地滞在を楽しむ/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。STEP5では、 海外の公共交通機関の利用法、現地での観光情報収集、海外のホテル・予約と利用方法、などを解説します。



海外グルメ事情


5.海外のレストランでの服装

海外旅行中の食事の際、服装をどうするか。店のレベルや雰囲気に合ったファッションを心がけるようにしたい。

ドレスコードについて

ドレスコードとは、時間帯や場所に合った服装をする服装規定のことで、周囲への配慮から始まった服装のエチケット。高級レストランなどでノーネクタイやスニーカーなどを禁止するのも、ドレスコードの一種だ。正式なパーティでは、服装について指定がある場合が多い。また、クルーズ船での旅の場合も、時間帯やイベントなどにふさわしい服装が必要となる。一般的にカジュアルファッションとは、襟つきのシャツとスラックス、ブラウスとスカートなど。インフォーマルは、スーツ、あるいはジャケットとネクタイ、ワンピース。フォーマルはダークスーツやタキシード、ドッレッシーなスーツ、イブニングドレス、カクテルドレスなど。和服の振り袖や留め袖は、フォーマルに含まれる。
ハワイなどリゾート地では、アロハシャツといった襟付きのシャツであればまず問題はない。男性はカジュアルなブレザージャケットを1着用意しておくと便利だ。

どんなとき、ドレスコードがあるのか

ヨーロッパの3つ星レストランや5つ星ホテル内のレストランにはドレスコードがある。一般的にアメリカやオセアニア、アジアのレストランのドレスコードはあまり厳しくないが、ディナーを楽しむときなどは、少しドレスアップして出かけるとお店の対応も良くなることもある。旅の途中、高級レストランに出かけたり、パーティに出席したりする予定があれば、それなりの服装を用意しておきたい。


旅の準備と手続き STEP1~STEP8



ヨーロッパ 航空券情報



ヨーロッパ ツアー最安値


2018/4/20更新

損保ジャパン日本興亜が提供するoff!は、インターネットから手軽に申し込めます。




メール プリント もっと見る